目から首にかけて黄色い斑点があります。
アカミミガメの子どもです。
きれいなみどり色をしています。
甲らのふちがギザギザしています。
子ガメを本ゼニガメといいます。
 
 

すまいづくり
カメはよく動き回るので、大きめの飼育容器を用意しましょう。
石やレンガをおいて、カメがかくれたり、休んだりする場所をつくります。
水の深さは、カメの甲らがかくれるくらいにします。水温は25〜30℃が適温です。水がよごれたらとりかえてあげましょう。
砂利で陸地を作ります。傾斜をつけてカメがのぼりやすいようにしてあげましょう。
カメの健康を保つため、毎日30分〜1時間くらい日光浴をさせましょう。ただし、夏の日差しは強すぎるので、飼育容器の半分くらいは日かげになるようにしてあげましょう。

 
 
市販のカメのえさのほか、イトミミズ、ほしエビ、レバ−などを中心に、ときどきコマツ菜、ホウレン草などを与える。子ガメは毎日、親になったら2〜3日に1回、たべるだけの分量を与えます。食べ残したえさは取り除きましょう。


TOP PAGE NEXT PAGE