1992年9月12日午前10時23分

フロリダ のケネディ宇宙センターから打ち上げられた

スペース シャトル・エンデバー号に

毛利衛(まもる)宇宙 飛行士と一緒に2匹の錦鯉が

搭載され名古屋大学環境医学研究所の森滋夫博士を

代表研究者とする研究 グループが「宇宙酔い」

〜左から諌ワ社長・森教授・毛利衛さん〜

の実験を行った。

全面的に支援し、実験の成功に多大な貢献をした。

打ち上げの一カ月半前に、日本から耳を手術した 鯉15匹

正常な鯉15匹がケネディ宇宙センター へ運び込まれた。

同時に、フロリダのウィンター ヘブン在住のヒロ内藤氏

(釣ルポライター、向井千秋 宇宙飛行士の弟)宅に設置

された支援プールにもほぼ同数の鯉を送り緊急事態に

〜耳石をとった鯉(頭に2つの傷がある)〜

実際にケネディ宇宙センターで、停電のため多数の鯉が 死亡 するという事故が発生し、この支援体制が

窮地を救った。このような鯉の宇宙実験にともなう エピソードはリバティ書房から

1994年6月に発刊された一般書 「宇宙へ飛んだ鯉」(著者:森 滋夫)に網羅されている。

スペースシャトルに搭載する鯉は、産卵を避けるため まだ生殖機能が未成熟な2歳鯉でしかも

体長25 センチメートルの大きさが要求されたので稚魚の段階から 給餌量、飼育密度を調節し

ある程度の大きさに なってからは運動量にも考慮を払う必要があった。

鯉の宇宙実験は、魚飼育の新しい技術開発のきっかけともなった。

宇宙鯉の兄弟たちは今なお日本各地で健在 である。

著:森 滋夫

TOP PAGE NEXT PAGE
 
この実験に、弥富町をはじめ弥富金魚漁業協同組合が
対応した。
弥富の錦鯉 宇宙を飛ぶ!!