弥富金魚の歴史

   〜金魚の養魚場〜

愛知県弥富町の金魚は、

江戸時代のころ郡山の金魚行商人たちが

東海道の渡船場前ケ須の宿で、

ゆられて疲れた金魚をしばらく 休めるため

付近の田を掘って池を作ったところ

粘土質で鉄分の多い水

金魚の飼育に最も適していたことが金魚の町に発展する端緒となり

明治初期から生産的な養殖が始まったといわれています。

また弥富町は愛知県の金魚養殖経営体数・養殖面積の過半数をしめており

高級きんぎょの産地であることから弥富のきんぎょが全国に

知られているところです。

TOP PAGE NEXT PAGE